「いち事業家のプライベートな記録」


記録
by generator_tomo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

空中ブランコ

空中ブランコ 奥田英朗著

ストレス解消には、この一冊。面白い。結構爆笑もの。伊良部精神科医のキャラクターが最高。同シリーズ第二段とのことで、第一弾と第三弾を買ってこようと思います。

ちなみに第二段は、直木賞受賞作品。本当に、夜中爆笑してました。気晴らしにオススメ。文章がすいすい頭に入ってくるので、多分読書に慣れている人なら、1時間そこらで読めますよ。仕事の合間に。

と、ブログを書いていると、なにやらコメント発見。最近の政治的な発言に対するコメント。反対意見の人は、だいたいが匿名で、相手をろくでもない方向に一方的にカテゴライズして、「バカじゃね、コイツ」みたいな感じになるのは、当然で、正直、私も気持ちはわかる。

特に、政治信条、内心を犯すような意見を見聞きすると、大体が、過剰に反応してしまうのは、至極当然。なぜなら、政治信条って、自分の生き様にかかわることだから。相対する意見があると、生き様を否定された気がするし。政治信条と同様のもので、宗教、学校、会社、家族など、それと民族とか国家とか○○何丁目とか、ある種共同体意識が芽生えたところがある。偏差値低い!!とか言われるとなにくそと思うのと一緒。旧帝大っていう言葉にこだわるのも一緒。昔、何々会社に勤めてて、、という話題を10年後に言うのと一緒。昔、○○会社に内定をもらって、、、というのも似たものだと。これ私だ。生き様を他の言い方で書くと、生きる支柱、ないし、より所だ。

今のオレは違う自分だ、もっといけるはずだ。だって昔はこんなんだったし。○○大学受かったし、内定とったし、成功したし・・・。生きるより所であって、現状否定の斜め裏手。こんな社会じゃないはずだ。こんな会社じゃないはず。昔は、社会が夢を持ってたはず。。より所が、明治維新になったり、天下統一の戦国時代になるのも納得。だからその手の本が売れる。

娘を悪く言われると、ブチ切れそうになるのといっしょ。娘を殺された「さまよう刃」の主人公と同様に、犯人を殺しにいく気持ちと一緒だ。気持ちはわかるが、このブログは「より所」の否定の繰り返しで、何かしかの解を求めることを目的としたブログではないので、以下の対策を。

批判コメントを見るとストレスがたまるので、伊良部精神科医曰くストレスの原因を抹消することが必要とのこと。一方で、このまま新橋赤提灯談義を続けたいと思うので、とりあえずコメントは承認制へ。

まあ、正直いうと、バカにされようが、右に左とカテゴライズされようが、「アブナイ人」といわれようが、どうでもいいんですけどね。そんなことより、現実に倒産する企業が相次ぎ、自殺者も近くにいて、雇用されない人がたくさんいて、貧困率が上昇し、おかしな社会になっていくのだけは避けたい。少なくとも、会社、社員、アルバイトスタッフ、そして家族と自分は守り抜く。何があっても。もう限界っていうところまで戦って、政治にも、お金にも、人間にも迷わない、世界に行きますよ。バルハラ?いや、沖縄。
[PR]

by generator_tomo | 2009-10-26 00:36 | 雑談
<< ラッシュライフ 「さまよう刃」 >>