「いち事業家のプライベートな記録」


記録
by generator_tomo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

飲食業の理想給与

飲食業に従事する人の一人当たりの生産性は、そんなには伸ばすことはできない。売上を上げて、原価を下げて、コストを下げて精一杯やって、時給的には2000円が精一杯なところ。

なので、現実的な給与金額を上げると、社会保険加入して月額25万円で週休2日というのが、給与的にもワークライフバランス的にも、生産性的にも合点な数値のような気がする。そこに、年次の指数であったり、職能指数であったりを加えると、会社と信頼関係を構築してきた人は、月額29万円の週休2日というところまで当社は来ている。

それ以上の給与が欲しい場合は、徹底して残業代で稼ぐしかない。それでも満足しないという人は、飲食業には従事すべきではない。いや、サービス業に従事すべきではないと思われ。

ただし、このレベルでも、きちんと利益を上げられるビジネスを持つ会社というのが、前提条件で、残念ながら現在そういった飲食の会社って20%くらいじゃないかと思う。

当社は一応はそのレベルに達するも、それ以上のレベルを求めるとすると、フランチャイザーであったり、不動産事業との掛け持ちやら、材料の製造販売を手がけるなどの粗利の高いビジネスへと業容を拡大せざるを得ないが、当然に失敗のリスクがある。現状、当社においては、フランチャイザーというところだろうが、実は10店舗フランチャイジーを持って毎月60万円稼ぐよりも、一店舗きっちりやって毎月60万円稼ぐ方が、楽でもある。

既に、ちゃんぽんは強烈な「ビジネスモデル」といっても良いようなところまで来ていて、FCをやるのかやらないのかの見極めが必要だが、実験的にやっても良い気もする。

バリバリやるぜみたいなカラーは、既にこの業界には無い。20年前であれば、外食産業の成長が著しかったわけで、その時代と比べるとかなり人も会社もおとなしくなった気もする。

ただ、営業利益20%以上のビジネスでしか、事業を展開しないという約束事を守れば、20年後は、何も心配せずに暮らしていけると確信する。

RSS
[PR]

by generator_tomo | 2010-03-29 05:06 | 事業進捗
<< 社員を募集 毎日成長する >>