「いち事業家のプライベートな記録」


記録
by generator_tomo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

松田公太さん、その他雑感

タリーズコーヒージャパン創業者の松田さんが、みんなの党東京選挙区公認で参議院議員選挙に立候補するそうだ。社長を退任される前にお会いする機会がもてればよかったのになと思いますが、タイミングもありますしね。

飲食業界から、是非どんどん議員になって欲しいと思ってます。特に、飲食業界はマーケットが縮小すると同時に、参入障壁は低いので常に競争にさらされ、不動産会社を自認しなければ(つまり優良立地出店のための人脈であるとか情報網を持っていること)、利益を出すことが非常に厳しい状況ですし、当然に競争にさらせれるので、平均給与もかなり安いと思います。うちはできるだけ平均給与以上のものを出そうと思ってますが、、、

なので、飲食事業者の幹部は、常に景気であるとか、市場の動向であるとか、株価であるとか、為替であるとかを気にし続ける宿命にあり、当然に彼らスタッフを守るという使命もあって、どうしても政治に目を向けざるを得ない状況となります。他の業界と比較することはできませんが、社長になったからそうなるのかもしれませんが、前職、前々職の時よりもはるかに政治に敏感となりました。

ただ、思うに政治家になるには、やはり基盤となる事業であるとか支援者がいないとだめで、もし落選した時の恐怖で政治をしちゃうと、よろしくない方向にいくと思います。基盤となる事業とは、落選しても生活できること。同様に支援者がいることとは、落選してからも個人献金で生活できること。そうでないと、献金をすぐに受け取ってしまう欲求が出てしまって、団体献金等で政策の方向性が限られたりと、本来議員個人が理想とする政策が違った方向になりますしね。実際に落選後にフリーターになってしまった人はたくさんいますね。

RSS
[PR]

by generator_tomo | 2010-05-12 15:50 | 雑談
<< 混沌 2才と世の中の雑感、保育園及び... >>