「いち事業家のプライベートな記録」


記録
by generator_tomo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タイ出張報告

弊社、ダオタイ阿佐ヶ谷店のブラッシュアップのため、6月17日~19日の3日間、タイへ出張にいってまいりました。日本にいるときから体調を崩しており、さらに、海外へということで、18日は夕方まで寝込んでおり、タイの風情を完全には満喫できませんでしたが、阿佐ヶ谷店店長のおかげで、ほぼ予定していたすべての買い付けが完了しました。

ただ、日本ではほとんどみうけられない、赤や青のガーデンチェアですが、タイでも人気でして青と白しかのこっておらず、微妙でした。白なら、日本でもうってるしなぁぁ。。。

<17日>
タイ航空の飛行機にのって、バンコク・スワンナプーム空港へ、その後タクシーでバンコク市内へ直行。ホテルで一息し、さっそく散策へ。ところが、いきなりの大雨で、1時間ほど近くのカフェレストランで、シンハーをいただきつつ、打ち合わせと。

e0061109_3281612.jpg


阿佐ヶ谷の厳しいマーケットで、黒字転換させた川井君。ダオタイ独自展開の構想をねりつつ、タイ料理300億円市場の、今後増えもしないだろうし減りもしないだろうマーケットに、いかに食い込み、タイ関連ビジネスを拡大していくか方向性の意見交換の場でありました。

今回のタイ出張の目的の一つ、日本食の浸透度合いとその味の確認でしたが、特に気になったのが焼き鳥でした。弊社、焼き鶏業態も保有している分、きになっておりまして、実際タイの人件費や原材料費、そして家賃等を鑑みると、営業利益で5割を超えるビジネスをやってるんではないかとおもうくらい、すごいです。

百貨店等にも日本食レストランはありますが、今回は、相当にマニアックなお店で、日本人向けの焼き鳥屋さん「桔梗」へ。

e0061109_3353260.jpg

パッポン2のスーパーマーケットの2Fの駐車場に入口があり、あやしい階段を上った先が店のいりぐち。味は、まあ、冷凍ものですので、そのレベルですが、日本人駐在員としては、十分に満足されている感じでした。

ただし、接客が最悪。なんも接客教育していないので、注文に対する相槌もうてない店員。帰るときには、「御馳走様でした」なんて、日本人の大将に声をかけたのですが無視でしたねぇぇ。あれでやっていけるんだから、駐在員をターゲットとした店舗展開は一つのビジネスとして十分になりたつと思われます。

↓おまけです。ノーコメント。
e0061109_339868.jpg


<18日>
その日の買い付けは、川井君にまかせて、夕方遅めまで寝込んでおりました。起きて、どうしてもいきたいところが、Lunpini 公園となりのフードコート。この公園には、スタジアムもあって、ムエタイの試合などが開催されたりする市民の憩いの場なんですが、実際大半が外国人観光客だったりします。

そこで食べたのがこれ。
e0061109_3433589.jpg

やっぱりタイにいったら海鮮ですね。美味い。

e0061109_3434679.jpg

ちなみに、このビールサーバが欲しくなり、次のダオタイ店舗開店時に、全店導入をはかろうかなと考えてます。

<19日>
残りの買い付けが、屋台のみ。こんな感じです。
e0061109_3461079.jpg


今回短い滞在時間な上に、寝込んでしまって時間を無駄にし、もったいなかったのですが、まあ、よい買い付けはできたとおもいます。

↓洗い運転のトゥクトゥク。肺にも心臓にも悪いかもしれません。


荷物が到着するのが約1ヶ月後。ダオタイ阿佐ヶ谷店が、大きく変わります。
[PR]

by generator_tomo | 2008-06-22 03:47 | 事業進捗
<< バーレーンの選手とばったり 烏山神社へお宮参り >>