「いち事業家のプライベートな記録」


記録
by generator_tomo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

某不動産仲介会社

本日2度目の投稿。

物件の仲介手数料は、契約を仲介し免許を背景に、両者のリスクを提示し、できるだけ排除し、契約を締結するためにいただく料金。

M&Aの仲介においても、その契約内容の確定という役務を提供するから報酬が入る。

同社いわく、我々は紹介屋ではない。ただ単に取引業者に紹介しただけで、1ヶ月分の手数料を取るようなことはしないとのこと。「そういったことをやるから、飲食業界がおかしくなるのだ」と、社長をはじめ会社全体に、「飲食事業者のために」という理念が浸透している。

実際、同社の会議室で早めに来てしまったため、待っていたところ、ある仲介業者との話の中で、バックマージンは一切取らない旨、先方に伝えているのが聞こえてきました。ほんとなんだなと関心した次第です。

誤解なきよう、紹介という行為でも、その活動において調整と契約までにどれだけ労力を使われたかというところで、役務なのか役務ではないかの基準があると思うのです。役務と思われれば私は支払ってもよいと思っていますし、受け取ってもよいと思っています。

が、紹介しただけでは役務ではないし、そこに金銭的価値を見出すのは、本当に胡散臭すぎ。不動産仲介会社の担当者を紹介しで契約したから、金をくれなんてのも、昔ありましたですね。今から考えても、本当に気持ちが悪い。

僕は、この会社に本当に頑張ってほしいと心底から思っています。そのために、セミナールームを借りて、バンバン同社の宣伝を兼ねて活動させていただきます。こんな気持ちは久し振りです。
[PR]

by generator_tomo | 2008-09-14 03:04 | 雑談
<< インデックス社のウェブにも 後始末 >>