「いち事業家のプライベートな記録」


記録
by generator_tomo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:雑談( 70 )


検索キーワード

検索キーワードを確認すると、未だに旧会社名で検索してくれる、特異な方もいるようで、私を忘れてくれていないんだなぁなんて、少しうれしいけど、複雑な心境。(笑)

ということで、ブログの移設はやめました。

こちらに、プライベートな記録を載せていこうと思う。

若気のいたりで、セキララな思いを綴っているのも、いいかなってね。将来子どもが読んだら、楽しんでもらえるのかなぁ、なんて。

35歳で、人生が変わったよ。

すべてがすっきりした。自分らの幸せを素直に追求できるようになった。
[PR]

by generator_tomo | 2012-07-03 16:45 | 雑談

ビッグダディー111001を見て

映像を見る限り、あの編集ではダディーが悪者の評価になってしまうけど、隠岐への移住に関し、失敗したことで、相当に揉めたんだなぁと思う。

若妻さんの気持ちもわかるけど、先走り過ぎ。移住なんて、数ヶ月半年かけて調べて、実際見て決めるものだと思うけど、若妻さん1人で見に行っちゃって、スケジュールも決めて、さらには、履歴書持参すべき等の連絡事項も中途半端なところ、そりゃあ面接も何もあったもんではなく、隠岐の社長の評価は、××になってしまった可能性大。つまり、全ては準備不足。

そもそも、接骨の先生を長年やってきた方が、移住のためには就労が条件となっているけども、漁師になるという方向性に疑問。

加えて、忙しい時期のダディ含めて2人しか先生のいない接骨院を3日も休まざるを得ないわ、8月中旬なのに、移住は8月末ということで、院長先生も怒ってダディをくびにしてしまったと思われる。これで、完全にアウト。一気に、生活が困難になるし、寮も引き払わざるを得なくなる。たとえ長男が、同院で助手をしていても、院長としては、裏切られた感が強かったのだろう。

一気に、住まいを失い、職を失い、お金が無くなっていく。そんな危機に直面したのも、ダディが新妻を、隠岐でのスケジュールを勝手に調整、決められた段階で、抑えられなかったことが原因のような気がする。子どもの学校の2学期にあわせるということであるも、あまりにも早すぎる移住だ。そもそもの無理な設定が、完全な悪循環に陥ってしまった感が強い。奄美への出戻りを拒否されたことで、新妻があせったのか、それとも、別な事情もあるのか。どうやら、前妻と娘さんらも同地域に居住しているようでもあり。

週刊誌の悪意ある記事で、奄美の村は、住民300人の村社会なだけに、出戻り受入を拒否。基本的人権というのか、移転・居住の自由もあったもんではない。前妻と別れて新妻を連れてくることを拒否という、なんとも他人の人生に強烈に関与。もう少し人口の多い町の方が、移住は無難であるし、移住者の多い地域を選択したほうが良いという教訓を、視聴者に与える。

ただ、奄美に戻っても、前と同じで、貧困に苦しむのは目に見えているのでは?と思うものの、おそらく子ども手当てが充実してきたという政治的な情勢と、若妻さんの料理や子どもの世話など、しっかりされているようなところから、安心して農作業や釣り、接骨の施術に打ち込めるとダディは思ったのかもしれない。

日付が変わって明日、今回の企画の後半が放送される。うわさによると小豆島に移住されたとの話もあるけど、さてどうか。

2004年、ダディが書いてアップしたと思われる小説が、某掲示板にて掲載。前妻との離婚前後の確執など、理解でき、あの過去があるならば、やはりそもそも前妻との共同生活は無理であったであろうし、顔をあわせるたびに、その時のことが思い浮かび話をするのも嫌になるという気持ちも理解できる。

愛知の接骨院での施術の動画がアップされているが、ダディの左手小指に注目してもらえれば、爪先半分というか爪の部分が無いのがわかる。小説によると、離婚後すぐに復縁を迫られ、断ったときに指をつめたことになっている。そういう事情だ。

子ども好きであって、たくさんの子どもを育てるためには、自然がたくさんあるところが一番という考えには多いに賛成。しかし私だったらどうするか?あれだけの技術があるならば、ある程度の人口を持つ都市にて、資金調達して接骨院を開き、収入を安定させる一方、多少遠くても自然豊かな土地に広い家を借りるかなぁ。ただ、海の青さは犠牲にしないといけないかもだけど。

人生の勉強になります。そして、本当に、あの家族には幸せになって欲しいです。

RSS
[PR]

by generator_tomo | 2011-10-07 03:13 | 雑談

レーザープリンター

久々のブログ更新。結構忙しく、今週までかなりパツパツな状態。

チラシの大量印刷で、インクジェットが壊れ、レーザープリンターを価格比較サイトのいくつかを比較して、最安値で購入。早い!!

20万枚で、だいたい寿命とのこと。

e0061109_22261537.jpg


RSS
[PR]

by generator_tomo | 2010-06-15 22:26 | 雑談

政策分類

日経新聞10年5月14日付けの経済教室で、北海道大学教授の山口次郎氏のコラムが掲載されてました。結構わかりやすかったので、まとめてみました。

図もご参照のこと。

e0061109_049632.jpg


第一段階
自民党と官僚の連合体による再配分政治。制度的再配分、つまり社会保障は貧弱で、官僚のさじ加減と政治の圧力で左右される公共事業補助金、護送船団方式による業界保護が政治の焦点となった。これらの裁量的政策により競争力の弱いセクターで雇用が確保され、結果として貧困、失業等のリスクから個人や地域社会が守られた。しかし、このリスクの社会化は、無駄、腐敗、既得権を生みやすい。

第二段階
新自由主義改革。規制緩和、社会保障や地方交付税の支出を削減することにより、リスクを個人や自治体に転換する政策。公正な市場を目指したのかもしれないが、先の事業仕分けで明らかなように、裁量的政策による既得権は残された。族議員と官僚の横暴に辟易した国民は当初この改革を歓迎したが、2000年代の後半になって貧困、不平等の拡大という結果となる。

第三段階
制度的な再配分の強化だったはず。子ども手当てや高校無償化もその一環。公平に政策的恩恵を配分し、生活不安を解消するとともに、内需主導の経済を創り出すことが、「生活第一」路線の中身。かつての自民党政治におけるバラマキは、政治過程のインサイダーへの裁量的な恩恵給付。これに対し、民主党は公明正大な再配分を目指す。しかし、指導部が明確な理念を共有していないために政策の骨格の議論においてブレが目立つ。

以上がポイントですが、既得権を保持したままの状態で小泉改革が行われたことで、既得権者へ稼ぎが集中。加えて、リスクを個人化したことで、格差が広がったというのは「なるほど」と思いました。いずれにしても持続可能な国家財政とするには、既得権を廃止した上で、規制緩和路線が正しいと思う。

つまり、現在の民主党の使命は、徹底した既得権の排除ではないだろうか。国も地方も行政をスリム(選択と集中)化し、地域主権確立への準備ではなかろうか。で、やろうとしてますね。後はその質と、期間が問題。

RSS
[PR]

by generator_tomo | 2010-05-16 01:03 | 雑談

電子教科書と電子黒板

記事ご参照

電子教科書もいろんな教科書制作会社が取り組んでいるようで、中身が楽しみですね。

電子黒板とともに、電子教科書閲覧端末(iPAD)みたいなものを全児童に配布。教育内容と連動した、映像コンテンツが、授業をエキサイティングなものにする。映像データに関してはNHKの膨大なデータを利用し、映像コンテンツ再利用。

ついでに、匿名掲示板等への投稿に関する、道徳的な指針とか書く内容で感じた相手方の思いを理解するとか、そういった道徳教育をしたりすれば、現在の匿名掲示板特有の誹謗中傷もだいぶ収まるのではないかと思う。

国土の狭い日本だから出来る光回線網。自治体の裁量でどんどん導入すると面白い。PTAも動かして、日本最先端、世界最先端の授業を実現したいものですね。

で、早速、appleサイトでiPADを予約しました。家の中のwifi専用端末です。youtubeのコンテンツであったりとか、ustreamであったり、そういったコンテンツがリビングでもベッドで寝ながらでも楽しめるのが、よいところ。仕事もできる。NHKにはいち早くustream等でも番組が見られるようにしてくれたらうれしいですね。ちゃんと受信料払っているわけですし、利益も出ているようですし。

RSS
[PR]

by generator_tomo | 2010-05-14 11:01 | 雑談

光の道

Ustreamで孫さんと佐々木さんが対談中。総務省の「光の道」ビジョンを15年に実現した後に、電子教育を開始するというのも面白い。あと5年。

NHKの映像データもたっぷり再利用。高度教育で日本はトップを走る。全国1800万人の学生に2万円の端末を配っても、ダムより安くできるとのこと。新たな公共事業ですね。
[PR]

by generator_tomo | 2010-05-13 23:08 | 雑談

居酒屋需要

居酒屋需要回復まであと数ヶ月はかかりそうだ。12月までに回復してくれることを祈るばかり。コスト削減もギリギリのところ。

個人消費の増加とともに必要なのが、大企業中小企業の業績回復。居酒屋は領収書を切ってもらってなんぼの世界でもあり、コスト意識が若干なりとも緩くなってくれると、領収証を切られた売上が上昇することになるも、年末までに回復するかどうか。

大企業の業績は軒並み上昇。ヨーロッパの内需が拡大しない中、中国をはじめとしたアジア諸国の内需拡大に期待したいものです。大企業が儲かれば、中小企業も儲かっていく。その最端にある飲食業は、最後に儲かっていく感じです。

RSS
[PR]

by generator_tomo | 2010-05-13 18:09 | 雑談

混沌

まだまだ、これから混沌とした世の中になるだろうなと予想。限られた予算、国として持続可能な予算とするならばもっと縮小された予算でないといけないし、となると予算の優先順位を決めるだけでも、相当な駆け引きが行われる。お金が無いと心がすさんでくるので、誹謗中傷合戦がもう既に始まっていると思うけど、もっとひどくなる。脅迫であったり、暗殺であったり、暴動であったり、幕末の混沌とした時代が再び。

予算として持続可能であることとともに、社会不安をあおっている年金制度云々。持続可能な年金制度とするには、保険料率を上げつつ、年金の一部カットと何よりも人口を維持することが必要。

2009年で7万人の人口減。これからもっと減少幅が拡大する見込み。移民に頼るのか、それとも予算を人口増加策に割り当てるのか、どちらともやらないと経済も立ちいかなくなるし、日本人の嗜好として移民政策はあまり好まず、後者を好むものの、子供手当てにも無償化にも批判的な論調をみると、どこに優先順位があるのか不思議でならない。

行政のスリム化のための各種法案にも反対。政治主導実現の国会法改正にも反対。事業仕分けはパフォーマンスだとののしる。地方分権3法にも反対。放送法改正はマスコミは絶対反対な故に・・・・。反対ばかりがこの国を覆う。お金が徐々に枯渇する故、予算の取り合いでこの国は混沌とするだろうなぁ。

国も地方も行政のスリム化は急務。無駄なコスト、特にわけのわからない人件費と箱物にかけるよりは、民間委託するなり、売却するなり、また、ストックされている外郭団体保有資金は国庫やら自治体に返還し、育児無償化に向けて市場へ還元。ということをやろうとしても、嘲笑されるんだから危機意識が無いのだろうかと不思議に思う。

スリム化しつつ分権推進。国と地方を対等にし、税源委譲。国の国債償還は地方からの収入でまかない、外交、防衛、治安維持、年金、福祉、子育て、医療、経済政策、産業復興、エネルギー等のマクロ部分に集中。ミクロはすべて地方へ権限委譲。地方は80の基礎自治体へ集約後にさらに広域化するところに道州制の導入。80の基礎自治体ができたら、道州制いらないか。いや、今の都道府県市区町村の制度だと大合併を促して道州制を導入した方がはやいのか。いずれにしても方向性は一緒か。数千人規模の人口で、議員を雇い、役人を雇うというのは、正直??。10万人以上でないと採算合わない気もするし、もっと多いにこしたことは無い。

地方も早くスリム化しないと、交付金がどんどん減っていくし、税源委譲後、地域格差がはなはだしくなる。デフォルトしてしまう地方も続出すると思われ、国のデフォルトよりもましという感覚で必要悪とみなすことができるのかどうか。そのためには、国民が足を引っ張りあっている場合ではないという状態までならないといけないかもしれない。

しかし、こうあるべきだのビジョンがあっても、各論反対で何も決めることができなければ、この国は、極めて深刻な状況になる。そういうときに、リーダーが現れるかも。ナチスっぽくならなければ良いけど。国民が、足を引っ張り合っている場合ではないという認識に初めて立つときに、この国は生まれ変われると思う。

しかし、しかし、予算の優先順位最高位は、「成人までの子育てを無償化すること」に間違いは無い。

RSS
[PR]

by generator_tomo | 2010-05-13 01:51 | 雑談

松田公太さん、その他雑感

タリーズコーヒージャパン創業者の松田さんが、みんなの党東京選挙区公認で参議院議員選挙に立候補するそうだ。社長を退任される前にお会いする機会がもてればよかったのになと思いますが、タイミングもありますしね。

飲食業界から、是非どんどん議員になって欲しいと思ってます。特に、飲食業界はマーケットが縮小すると同時に、参入障壁は低いので常に競争にさらされ、不動産会社を自認しなければ(つまり優良立地出店のための人脈であるとか情報網を持っていること)、利益を出すことが非常に厳しい状況ですし、当然に競争にさらせれるので、平均給与もかなり安いと思います。うちはできるだけ平均給与以上のものを出そうと思ってますが、、、

なので、飲食事業者の幹部は、常に景気であるとか、市場の動向であるとか、株価であるとか、為替であるとかを気にし続ける宿命にあり、当然に彼らスタッフを守るという使命もあって、どうしても政治に目を向けざるを得ない状況となります。他の業界と比較することはできませんが、社長になったからそうなるのかもしれませんが、前職、前々職の時よりもはるかに政治に敏感となりました。

ただ、思うに政治家になるには、やはり基盤となる事業であるとか支援者がいないとだめで、もし落選した時の恐怖で政治をしちゃうと、よろしくない方向にいくと思います。基盤となる事業とは、落選しても生活できること。同様に支援者がいることとは、落選してからも個人献金で生活できること。そうでないと、献金をすぐに受け取ってしまう欲求が出てしまって、団体献金等で政策の方向性が限られたりと、本来議員個人が理想とする政策が違った方向になりますしね。実際に落選後にフリーターになってしまった人はたくさんいますね。

RSS
[PR]

by generator_tomo | 2010-05-12 15:50 | 雑談

2才と世の中の雑感、保育園及びカントと武士道

10年5月8日で娘2才。もう生まれて2年。不思議な感じである。

世の中雑感的には、テレビが面白くなくなり、見ない生活が普通になり、ネットのUstreamで記者会見等の生中継を見たりとマスメディアのフィルター無く見ることが多くなり、今後のテレビ局は広告収入激減だろうなという雑感。

とはいっても見てしまった、普天間に関するTBSのサンデーモーニング。出ていた孫崎さんが元気が無かったなと。岡本さんらの情報量はすごいなと雑感。

ネットの匿名性の議論で、勝間さんがいろいろやっているも、対するコメント見ると匿名性の弊害がかなり出ていて残念。私も名前をブログから消しましたが、とはいっても知っている人は知っているので、そういった友人らに人格を疑われないようにしたいものです。という自制は匿名世界には無理かもなという思いで残念がってますという雑感。

NHK教育テレビ。ハーバード大学の講義で、カントの善悪の道徳性に関する講義があって、颯月に邪魔されながら聞いてました。面白い。早速カントの書籍を昔読んだのを忘れたので系譜たどって読破しようと決意。純粋理性批判くらいしかよんだことなく内容忘れ、講義を聞き、モチベーションアップな感じですが、聞いたところ行動の源泉たる動機で善悪を判断する西洋と、武士道なり結果で判断され断罪される日本とでは、文化的な差異を感じ面白い。だからベンチャーで一度失敗すると立ち直れる米国欧州と、二度と相手にされない日本とでは、そういう思想背景が違うんだなと雑感。大学に戻りたい!という雑感も。

先日金曜日に、区立保育園の先生より、いきなり颯月の髪は切らないんですか?とけんか腰な質問。およ?っとおもいつつ、髪ですか?と聞くと、切るか結ぶかしてくださいと。理由はあせもができるから、ということだそうだが、親は虐待するものだと思っている感じもあり、なんか疲れている感じだなぁとちとかわいそうに思うも、認証ではそういう対応されないからなぁ。認可は認証よりも安いし、なんといいますかね・・・悪気はないと思うんですけどね・・・。娘がいじめられないか心配になるんですよね、正直。だから、はいって、yesマンになるんですけどね。なんか、先生向けにソーシャルワーカーつけたほうが良いんじゃないかなと。認証に戻してもいいかなとおもっちょります。

颯月土曜日夕方からできものが出来て、本日診断の結果、水疱瘡。私は小学校4年でかかったので抗体があるとおもわれるものの、妻はかかっていないらしくこれまた週の半ばから多分仕事休みなのではと思われ。

加えて、颯月の髪を生まれて初めて切った。残った髪を捨てようにも捨てられないオヤバカ也。

8日土曜日に横浜の母の家へ。母の日のお花とともに遊びに。餃子が待っておりました。その他、お台場、みなとみらいのアンパンマンミュージアムへ。家では、歌を歌い、動画2つと連続写真。

ちなみに。右側にある古い額縁の絵ですが、私が幼稚園の時に書いた絵が見つかり、額縁変えてかざろうかなと。




シーバラダイス
e0061109_23443126.jpg

e0061109_23445660.jpg



お台場
e0061109_23452280.jpg

e0061109_2346497.jpg


マンション隣の西之谷公園~身長でかくなったなぁ。
e0061109_23463155.jpg




RSS
[PR]

by generator_tomo | 2010-05-09 23:31 | 雑談