「いち事業家のプライベートな記録」


記録
by generator_tomo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:プロローグ( 1 )


過去、cureする現在/そしてシャーマン

しばらく走った後の疲労感で、ふと高校時代のことを思い出しました。中学校の時にお付き合いしていた彼女と、試験の順位を争いながら、目指していたとあるN高校の受験を失敗し、不本意ながら某私立の高校に行かざるを得なかったこと。余裕余裕と言われて、勉強をおろそかにしていたのが原因でした。得意の論文で失敗したのは、痛かったですね。そんなことまで、思い出してきました。

そして、別の高校の生徒となった彼女と、コミュニケーションが取りにくくなり、別れてしまったこと。そして実は、数ヶ月前に15年ぶりに東京で再会したこと。別れるきっかけは、待ち合わせしていた場所に彼女が来なかったことですが、彼女曰く、そんな連絡はもらっていないとか。「がつん」とくるねぇ。なんか、あの時代と現在が錯綜する不思議な感覚に、特に事業を起こしてから昨今、包まれています。なんか、完全に違うんですよ。周りの雰囲気が。

高校入学後3年間、まったくといっていいほど、勉強しませんでした。○○進学科という科が別校舎で設けてあって、朝の7時から夜の7時まで勉強に勉強でした。正直、一方的な暗記教育には、嫌気がさしていて、授業中は、宇宙に飛んでいました。本当に、幽体離脱していたりして。将来住むであろう家の、間取りを詳細に描いたり、地球崩壊の時の脱出の方法と、UFOの製造方法の検討。頭の中で、ある物体を創造し、ぐるぐる3Dで回したりして、遊んでました。

自分が興味のあることのみ、調べまくっていました。高硬度コンクリートや、フレミングの法則を採用した最新型の船に関すること(あの神戸のメリケンパークに飾ってあるヤマト。当時走行試験をしていたんですよ。潜水艦にこの技術が採用されると、音が出ないので、さらにステルス性能を持たせれば、どこにいるかわからなくなるらしいと、当時本に書いてありましたね。)キリスト教に関すること。F1レーサーになるための方法、米国の大学へ行くための方法。なんか当時なぜかGMATの問題を解いていた記憶があります。数学は簡単だった記憶がありますね。まあ、レベルは、日本の中学校レベルですから、当然といえば当然ですね。あと、マニアックに当時流行っていた五島勉氏の、リアルファンタジー系。なぜか、加藤諦三氏の心理学系の本。まあ、今で言うオタクの部類に入っていたのかもしれません。

加えて、その3年間、雨の日も、台風の日も、風邪の日も、一日も休まずにジョギングしたのを思い出しました。お付き合いを開始していた、アメリカ人の女性と、よくいっしょに走っていました。最長に走ったのは、家があった佐賀市の中心部から天山スキー場まで。なんと、電子地図でルート検索をすると、片道27KMもありますね。往復54KMを走ったんですね。かなり不思議な感じです。スキー場のレストランで彼女と「うどん」を食べて、それでまた下りてきた記憶があります。

あの当時、強烈に、佐賀から出て行きたかったことを記憶しています。正直、人が嫌いでした(今は好きですよ、誤解なきよう)。一人でジョギングしてると、じろじろ見られるし。そのじろじろの見方に、多分そんな気は無かったと思いますが、悪意が感じられて、ジョギングして気持ちいいのか不愉快なのか、判らない状況でした。特に、外国人と一緒だったときは、大変でしたね。まあ、田舎だから仕方ないですけどね。

小学校、中学校、高校と、正直なところ、良い思い出はあまりありません。だからこそ、佐賀が嫌いだったのかもしれません。ただ、良い思い出があるとしたら、おばあちゃんでしょうか。それに、上記の2人の女性ですね。彼女達がいなければ、多分病んでました。てか、別の意味で病んでるか(笑)。

右に行ったり、左に行ったりの人生。そういった背景があって、大学時代や社会人時代があるのかもしれません。よくわかりません。そして、見つけた現在の立ち位置。最高に気持ちいいです。当然今後も、自己探求は一生継続します。いつの日か、そういった傷から、癒されるときがくるであろうと期待しつつ。まあ、そんなこと、どうでもいいことなのかもしれません。

そういったことも踏まえて、現在はcureする時代なのかなと、雰囲気でつかんでます。15年ぶりに再会したのも、cureすべき時期だからでしょうかね。あの時の「伝わっていたと思った」ことが「伝わっていなかった」ということが原因で、「勝手に振られたと思い込んだ」ショックのみならず、その他もろもろ。思い出すんですよね、いろいろと。

佐賀に帰って飲んだ、シャーマンで僕の友人が言ってましたね。「望めば実現する、調べに調べつくして最後の決断をするときに、目を瞑って不愉快さを感じない方を選択せよ」と。
[PR]

by generator_tomo | 2006-05-23 23:49 | プロローグ