「いち事業家のプライベートな記録」


記録
by generator_tomo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧


まだ寝ていないようです。

私は事務所で資料作成中。

まだ娘は寝ないようで、先ほど写真が送られてきました。
e0061109_22243274.jpg

[PR]

by generator_tomo | 2008-09-30 22:24 | 家族について

12年来友人の赤ちゃん(うちの娘と同い年)

12年前の学生の時に、4つ上の先輩だった、「おっさん」のお子さんが生まれました。奥様も8年くらいの知り合いであります。

なんと、わが子と同い年。実は、昔、子供が同い年とかなったら面白いね、なんていってましたが、まさか実現するとは。まあ、男の子でなくてよかったです。幼馴染の「おっさん」のお子様と結婚でもされたら、親戚になりますからね。それだけは・・・・。冗談です。

おめでとうございます。早く、子供どうし遊ばせましょう。

http://blog.livedoor.jp/tak1006/archives/51043225.html
[PR]

by generator_tomo | 2008-09-29 13:06 | 楽しい思い出

本日は4時30分出勤

といっても、若干早めに寝てしまったので、深夜目覚めてしまってそのまま事務所です。

月末ということもあり、経理・振込みに時間がとられてしまいます。その前に、いくつかの企画書をまとめ、ウェブ製作も佳境を迎えておりますので、そのあたりの社内作業がかなりたまっております。執筆の時間もさかなければならず、机仕事が今週は中心になりそうです。

来週若干お休みいただきますので、それまでに処理する案件を、今週中にすべてこなして、すっきりした形で、お休みいただきます。
[PR]

by generator_tomo | 2008-09-29 05:20 | 雑談

琉球クラスター

日本人は二集団にだいたい大別できるそうな。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080925-OYT1T00919.htm

髪の毛が細く、耳が湿っている私は、琉球クラスターなのか。九州では、比較的本土の中でも、割合が多いそうです。

でも、先祖たどると中国人かと思っていたんですが、記事だとちょっと違うっぽいですね。昔々、きっと渡来人で、本州の政権闘争に敗れて、12世紀頃に九州に逃れ、土着した家系だと思っておりましたですね。

まあ、とはいっても、相当混ざっておりますしね。何系とは、一概には言えないようです。
[PR]

by generator_tomo | 2008-09-26 12:16 | 雑談

最近の娘

だいぶ成長してきました。

お台場での一コマ。その日は久々の気分転換。確か15日敬老の日。午前中事務所に行って、午後からお台場へ。15時頃について、海が見えるハワイアンレストランへ。その後、階下のテラスでのんびり過ごしました。
e0061109_37496.jpg

20日の写真。ハイハイの練習です。私の膝の上に座って、もちろん支えなければいけませんが、机に手をついて、机にあるものを物色。握っては、床に落とし、落としたところに「ワンなあいつ」がやってきては、どこかへ持ち去っていく。
e0061109_381774.jpg
[PR]

by generator_tomo | 2008-09-26 03:24 | 家族について

本日は朝まで会議

ダオタイで、先ほどまで朝まで会議でした。

半ば合宿みたいなもので、経営陣3名で議論を積み重ね、会社の方向性が明確に見えてきました。

今までになかったアイデアも共有でき、次のやるべきタスクと業務範囲も明確になり、大変有意義でした。

どんなリソースを確保すれば何ができるのか。何かを成し遂げるためにどんなリソースが必要なのか。当社の中で明確に、新しい産声が上がってきております。

良い機会に恵まれました。

これから仕事です。2時間ほどねて、10時にいけばいいか。今日は。。
[PR]

by generator_tomo | 2008-09-25 05:53 | 夢/目的/GOAL

居酒屋甲子園の集まり

今日は、14時から自身の繁盛経営セミナーをこなし、営業担当者のプレゼン能力も把握でき、その後は、近場の注目居酒屋で打ち合わせし、居酒屋甲子園の集まりへ。

てっぺんの大島さんはじめ、絶好調の吉田さん、フードスタジアム編集長の佐藤さん、プランズの深見さん、久世のAさん、専務取締役の方、いまでやの方々など、多数のリーダー的存在の方々とお会いできました。

久しぶりにパワーをいただいた感じです。やはり大島さんのオーラはすごいというか、笑顔が素敵ですね。尊敬できる先輩です。はじめてすごいなぁって思いました。

最後時間を見て強引に挨拶できてよかったです。その後締めの後に、切り上げて、渋谷のパクッチへ。パテがウマい。

10月からは、11日に繁盛携営セミナー、16日に飲食店失敗学セミナー、21日に同様のセミナー、30日に資金調達セミナーを開催し、私自身も、セミナーをどんどんこなせるようになっていければと思います。きっと何かが生まれてくるような気がしております。

がんばろ。以下、パクッチにて。営業担当者松本氏。(最近妻の妊娠発覚!)
e0061109_027256.jpg

[PR]

by generator_tomo | 2008-09-23 00:34 | 雑談

子会社名の変更

8月29日に資本金&準備金15百万円で設立し、コールセンター事業と宅配FC本部買収母体とする予定だった、弊社100%子会社の社名を変更しようかと思っております。

というのも、まだ交渉中でありますが、本来の約束では8月末に買収完了予定でしたが、途中で投げ出された感がありまして、要は前回記事に書いた「後始末」されていない状況であります。

宅配事業に関しては、阿佐ヶ谷店で実験中でありまして、受注システムそのものを格安で開発しつつ、宅配パッケージを完成させようと思っております。

というのも、初期の出店リスクは、どの店舗も確実に発生するものですが、たとえば損益分岐点を超えるまで半年であれば、その前の5ヶ月間は着席売上だけで赤字の垂れ流し状態、という現象に対し、宅配パッケージを最初から導入しておいて、でできるだけ初月からとんとん以上にもっていけるようなメリットがあるわけで。

その他、22日に繁盛携営セミナーをやるのですが、その他10月4日と11日はネットチラシ関連サービスとのコラボで繁盛携営の紹介もできたり、その後は、月4回ペースで有料の飲食店失敗学セミナーを開催しようと思っております。

そういったセミナー受注や、書籍出版、飲食店失敗学会員ビジネスであるとか、そういった付加価値ビジネスへの展開も面白いかなとおもっております。

一方で、現在上がっている某業界ポータルサイト化をコンテンツ大手企業グループとの共同ビジネス推進であったり、飲食周辺事業の様々なビジネスの受け皿に使っていけるビジョンが描けそうです。

「黒田屋アグリトーレ株式会社」でやるのもいいのですが、和風の名前とシステム関連ビジネスとでは、若干違和感があり、正直言って従業員もよく理解できていません。要は、「社長は何をやっているのかわからない」と、そんな不満が出てきたりします。

新しい会社名は、「ビズクエリー株式会社」であります。「フードビジネスに関してクエリー(問い合わせ)していただければ、なんらかのソリューションを提示するBtoBビジネスを展開していく」というのが、使命でありまして、経営理念は、親会社と同じく、「フードビジネスの創造・維持・発展を通じ、お客様に喜びと感動を与えるという使命を全うし、スタッフ自身の目指すライフスタイルを実現していく」にしようと思ったのですが、この会社はBtoCな飲食店を経営するのではなく、どちらかというとBtoBのビジネスであって、現在のところスタッフも雇うつもりもないことから、現在考え中としておいたほうがいいかもしれません。まあ、一緒でいいのですが。。

で、なぜフービズクエリーではないかというと、「フー」がつく飲食コンサル会社が多く、一緒に見られがちになるので、「フー」を外した次第です。

さて、いろいろと私も後始末をしなければならない状況になってきました。12月末日までに、みんなが納得いく形で、後始末していこうと思います。
[PR]

by generator_tomo | 2008-09-17 04:48 | 事業進捗

インデックス社のウェブにも

http://www.indexweb.co.jp/2008/09/20080910_1300.html
今気がつきました。嬉しいですね。

和風な社名と「ASPサービス」のギャップが結構面白いですね。
[PR]

by generator_tomo | 2008-09-14 23:38 | 雑談

某不動産仲介会社

本日2度目の投稿。

物件の仲介手数料は、契約を仲介し免許を背景に、両者のリスクを提示し、できるだけ排除し、契約を締結するためにいただく料金。

M&Aの仲介においても、その契約内容の確定という役務を提供するから報酬が入る。

同社いわく、我々は紹介屋ではない。ただ単に取引業者に紹介しただけで、1ヶ月分の手数料を取るようなことはしないとのこと。「そういったことをやるから、飲食業界がおかしくなるのだ」と、社長をはじめ会社全体に、「飲食事業者のために」という理念が浸透している。

実際、同社の会議室で早めに来てしまったため、待っていたところ、ある仲介業者との話の中で、バックマージンは一切取らない旨、先方に伝えているのが聞こえてきました。ほんとなんだなと関心した次第です。

誤解なきよう、紹介という行為でも、その活動において調整と契約までにどれだけ労力を使われたかというところで、役務なのか役務ではないかの基準があると思うのです。役務と思われれば私は支払ってもよいと思っていますし、受け取ってもよいと思っています。

が、紹介しただけでは役務ではないし、そこに金銭的価値を見出すのは、本当に胡散臭すぎ。不動産仲介会社の担当者を紹介しで契約したから、金をくれなんてのも、昔ありましたですね。今から考えても、本当に気持ちが悪い。

僕は、この会社に本当に頑張ってほしいと心底から思っています。そのために、セミナールームを借りて、バンバン同社の宣伝を兼ねて活動させていただきます。こんな気持ちは久し振りです。
[PR]

by generator_tomo | 2008-09-14 03:04 | 雑談