「いち事業家のプライベートな記録」


記録
by generator_tomo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


三鷹の現場

様々な仕事がふりかかってくるので、なかなか入れなかった三鷹の現場に、ようやく久々ぶりに入りました。横浜の方は、結構入っているので、新しいメニューの「とうばんちゃんぽん」、「特にとうばん味噌ちゃんぽん」がブームなんですが、、三鷹かなり、面白かったです。把握している以上に、効率化できて、モーチベーションも高く、みんなすごい奮闘ぶり。

すごいノウハウが蓄積されていて、恐ろしさを感じてしまいました。社長なのに、そのくらいの認識だったのが、本当に申し訳なく。

皆に勉強させてもらいました。本当にありがとうと言いたいです。

これからは、定期的に入って、更なる質的向上(私自身も含め)を目指していきたいと思います。
[PR]

by generator_tomo | 2009-05-23 01:09 | 事業進捗

BSを綺麗に

自分が対応すべき案件について、一枚のシート(パワポですが)にまとめてみると、すべき事項と優先順位がわかってきます。が、どれも優先順位高いですねぇぇ。なかなかつけられない。

後ろ向きの案件が2件、横向きの案件が4件、前向きの案件が4件程度でしょうか。BS戦略に関しては、横向きに捉えております。

特段、昨年の失敗で、1月に正式撤退した某店退店による特損計上に伴い、BSを綺麗にしなければ、先に進めない感じです。

やり方としては、DES(デット・エクイティ・スワップ)と減資で、適正な資本金と累損解消を行います。DESによって、一瞬資本金及び準備金が2億円程度となりますが、その後一気に減資を行い、所得税が払えるBSに持っていきたいと思います。恥も外聞も無い。失敗したんだから謝罪するしかない。

さて、もう一度出直し。頑張るぞ!

仲間とともに、文化を創り、お客様に喜んでもらう。雇用促進、文化創造、社会貢献。そしてなによりも、日本経済に貢献したいです。
[PR]

by generator_tomo | 2009-05-21 03:08 | 経営戦略

「それでもなお」

今回、懇意にしていた社員が退職ということで、採用活動を行いまして、いろいろな兼ね合いもあり、新しく雇用する社員が本日決定(精神的な意味)しました。

社長補佐という肩書き。

私への忠告もやってもらい、その分のセンス・能力にたける人財だと思います。いろんな脅しにもめげず、いろんなより高い給与のお誘いにも屈せず、マックス・ウェバーの「それでもなお、それでもなお」(「職業としての政治」マックス・ウェバー著)で、やってくれる意志に感銘を受けました。

多分、当社の歴史が変わっていく気がしています。

逃げない、逃さない、恨まない、悲観しない。そういった基本を教えてくれる気がしてます。期待しすぎでしょうか。

私がやってきた、様々なミスを今後の施策において、修正してくれそうな気がします。

#一般的に社長ブログって、「やるぜ!!楽観的に!!」みたいなものが多いのですが、私はなんか逆ですね。マイナス×マイナス=プラスです。
[PR]

by generator_tomo | 2009-05-14 00:35 | 経営戦略

検察至上主義

小沢さんの公設秘書が逮捕されたのも、法律の解釈次第、ホリエモンが逮捕されたのも、法律や基準の解釈次第、人々に嫌われるか、検察の親分に嫌われるかどうかで、解釈なんて、「金科玉条(皮肉)」の憲法のごとく変わってしまうのが、面白い。

小沢さんって政治のプロ。そういった、権力ありき!!みたいな人達の行動の方向性を上手く手玉にのせ、民主党政権樹立に動いてこの時期に辞任ではないかなと思っています。

民主党に関する話題沸騰だし、小沢氏同情票も見込める。うまいなぁぁ。

小沢さん、古い体質の政治家にはかわらない。角栄氏、金丸氏の利権政治の跡継ぎ。だからこそ民主党の若手大多数と、自民党、検察が組んだイベントととも考えられるものの、もう一つは、霞ヶ関官僚の反発とも見受けられ、ただし、この時点での「小沢氏辞任」は、逆に、民主党への同情票が予想でき、霞ヶ関の解体につながる。

面白い。私は、当初は大嫌いだった民主党ですが、保守二大政党(日本改造計画)を「何がなんでも」実現した小沢氏を応援したいですね。自由党と合併してからの民主党は、現実主義な政党にだいぶなったと思います。

ただし、そのために払った犠牲は、失われた10年、さらには、今の不景気もそうなのかもしれませんが、それだけは、留意点ですが。。。。結構厳しい。ただ、自民党政治の永続なる継続よりははるかにましのような気がしてます。とにかく、自民党は古い。人口の大多数の老人の意見しか聞いていない。まあ、それが民主主義ですけどね。民主主義の前提なる年齢増の均衡は全く無いですけどね。まあこのまま老人の国にするのか、若き夢のある日本にするのかの選択ですね。

100年見たらきっと日本はよくなっていくのではないでしょうか。
[PR]

by generator_tomo | 2009-05-11 20:57 | 雑談

颯月1歳で、今日の一言

8日に一歳になりました。早いものですね。まだ歩きはしませんが、単語が結構すごい。

颯月、「落ちた」
妻、「何が?」
颯月、「アイドンノ」

颯月、「開けて」
妻、「何を?」
颯月、「アイドンノ」

私、「大丈夫?」
颯月、「ダジョブ」

颯月、「てっと」(取って)
私、「何を?」
颯月、「ダジョブ」

別に、英語を教えたわけではありませんが、なにやら英語っぽい言葉もぶつぶつ。

この前、絵本で遊んでいた時には、「エンターテイメン」、「エンターテイメン」なんていっちゃって、爆笑していたのですが、次の瞬間、「チェックメイト」って、さらに爆笑。

よくわかりません。英語教育は、今やっても全く意味がないので、日本語の文法がしっかりしてくる5歳くらいからかなと思っておりますが、妻が英語でFOXを見てるからなのでしょうか。確かにフォックスって、エンターテイメントっていう言葉が沢山でてきますね。ドラマの合間に。

本日は、餅踏みの儀式を。関東では餅担ぎらしいのですが、九州流で。ちなみに下の写真のぞうりは、私の餅踏みのときにつかったものだそうです。
e0061109_237899.jpg

[PR]

by generator_tomo | 2009-05-10 02:37 | 家族について

向日葵のはなむけ

最も信頼していた社員の一人が当社を去る。2008年の危機を本部にて一緒に乗り越えた戦友だ。

複雑に感情が入り混じり、上手く文章化できない。

「頑張れよ」だけでは、済まされないのは、愛も憎しみもその社歴とともに刻まれた感情が、これで良かったのか、引き止めた方が良かったのか、私の心に「安堵」と「後悔」の念を複雑に隆起させるからだ。

時は流れ、事業は進む。

立ち止まれないのは、企業の宿命であり、私の宿命である。

私は向日葵が好きだ。降り注ぐ膨大な光に負けじと、面と向かって対峙する。その試練を自らの糧にし、更なる成長を繰り返す。逃げられない、隠れられないその運命。決してあきらめることなく、無限の遺志を残して朽ち果てる。

そんな人生、カッコイイね。

e0061109_4584998.jpg

[PR]

by generator_tomo | 2009-05-08 04:58 | 楽しい思い出

平成維新の世の中

13年くらい前、学生時代に主催していたディベートサークル。そこにいたある後輩が今、某局の政治関係の記者になっていて、先日、久しぶりに食事しました。

常時永田町にいるそうです。国の方向性の議論を身近に感じ取り、自らも議員と議員の間を持ったり、情報収集し記事化する一方、情報提供したり、ある種議員のブレーン化しているということで、生き生きしてましたですね。

私も、逆に力をもらいました。公務員制度改革(霞ヶ関の解体といわれてます)と、今後の地方分権化の波が、政権交代により一気に加速する気配があり、その場合のマクロ経済への影響とともに、我々のような一個体(企業)の営業活動を行っているミクロ経済に対し、どのように影響があるのか、会社の代表として情報収集、そして覚悟しておく必要があります。

どういうふうに生きるのか。この平成維新の世の中で、どのように社員を守り、事業を発展させていくのか、マクロから見る視点の重要性が理解できました。
[PR]

by generator_tomo | 2009-05-05 01:10 | 楽しい思い出