「いち事業家のプライベートな記録」


記録
by generator_tomo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


ラッシュライフ

ラッシュライフ (新潮文庫) 伊坂幸太郎著

5つの物語が同時に進み、徐々に登場人物が交錯する、スリリングな小説。登場人物が交錯する時間を整理すると、振り出しに戻ってしまうような、いわばエッシャーの「騙し絵」的な物語である。

権力者に邪魔をされて画廊を開けなかった佐々岡の「プラナリアの実験の話」。

「プラナリアは水がないと生きられないらしい。で、そいつを容器に入れる。入っていた水を抜く。水は一箇所にしかないようにするんだ。そこにライトを当てる。そうすると水を求めて移動する。」「それを繰り返すとだ、プラナリアはライトが当たる場所に移動するようになるんだ。水が無くても移動する。」

その実験を何度も繰り返しら、
「ある時から、今度は全く動かなくなった。ライトをいくら当てても、移動しなくなった。そうして水がないまま死んだ」

その理由は、
「プラナリアが、「飽きた」からじゃないかといわれている。同じ繰り返しに飽きたんだ。・・・この原始的な動物ですら、同じことの繰り返しよりも自殺することを選ぶ」

繰り返しの人生。30代40代、結局だれしも似たような人生。同じような人生を歩み、だいたい死ぬまでの30年40年がどのようになるのかが、わかってしまう年代でもある。人がどのように考えて生きているか、何を感じていきているのか、自分がどのように今後感じていきるのか、「わかった気になる」、もしくは「わかってしまう」年代だ。まさに、我々は、騙し絵のごとく「人生は繰り返えされる」ことを、既に予見している。というか、知っている。

本当はわかりきった、つまらない人生を、飾り彩どり、面白いように見せかけなければ、プラナリアのように死ぬ選択をしてしまう。

プラナリアの話、
「容器の内側の材質を変えたり、状況を変えるとまた学習を続けるらしい。」

泥棒の黒澤は、「金や外見やステータス、そういうわかりやすいのが俺も好きなんだ。体裁や地位。もしかしたら物事の本質はそのあたりにあるかもしれない。目に見えない愛情だとか、仲間意識だとか精神的な価値なんてのは胡散臭い宗教と同じ」と言う。

私に言わせると、両社ともども生きる糧、いわば「飾り彩どりの部分」となる。人生におけるエンターテイメントだ。プラナリアが学習を再開するきっかけとなる、「状況変化」だ。両方とも無い人は、生きている人の中で多分いないんじゃないだろうか。でなきゃ廃人になっているか死んでいるかのどっちかだ。

笑っちゃあいけないが、「1000億円稼ぎます!!」そう、お金。「ありがとう!!」そう、感謝。そういったものが無ければ生きていけない。仏教徒なんですが、瀟洒な教会で!!。こたつにワイン。スーツにちょんまげ。パスタのご飯セット。刺身をあてに牛乳。足の指にイヤリング。美川憲一とロボコップ。牛丼屋のまぐろ丼。ラーメン屋のハンバーグ。ハロウィーンってなんだウィーン。

私にとっては、実はどうでもいいっちゃあどうでもいい。こう書くと、自殺の直前か、もしくは廃人の一歩手前だと思われるが。だたどういう分けか、運良く娘がいる。娘を抱きしめていると、なぜかわからないが、生きる意欲がわいてくる。

この作品の「絶望」の中、唯一の救いはこれだ。黒澤が言った「誰だって人生のアマチュア」論。
[PR]

by generator_tomo | 2009-10-31 02:07 | 雑談

空中ブランコ

空中ブランコ 奥田英朗著

ストレス解消には、この一冊。面白い。結構爆笑もの。伊良部精神科医のキャラクターが最高。同シリーズ第二段とのことで、第一弾と第三弾を買ってこようと思います。

ちなみに第二段は、直木賞受賞作品。本当に、夜中爆笑してました。気晴らしにオススメ。文章がすいすい頭に入ってくるので、多分読書に慣れている人なら、1時間そこらで読めますよ。仕事の合間に。

と、ブログを書いていると、なにやらコメント発見。最近の政治的な発言に対するコメント。反対意見の人は、だいたいが匿名で、相手をろくでもない方向に一方的にカテゴライズして、「バカじゃね、コイツ」みたいな感じになるのは、当然で、正直、私も気持ちはわかる。

特に、政治信条、内心を犯すような意見を見聞きすると、大体が、過剰に反応してしまうのは、至極当然。なぜなら、政治信条って、自分の生き様にかかわることだから。相対する意見があると、生き様を否定された気がするし。政治信条と同様のもので、宗教、学校、会社、家族など、それと民族とか国家とか○○何丁目とか、ある種共同体意識が芽生えたところがある。偏差値低い!!とか言われるとなにくそと思うのと一緒。旧帝大っていう言葉にこだわるのも一緒。昔、何々会社に勤めてて、、という話題を10年後に言うのと一緒。昔、○○会社に内定をもらって、、、というのも似たものだと。これ私だ。生き様を他の言い方で書くと、生きる支柱、ないし、より所だ。

今のオレは違う自分だ、もっといけるはずだ。だって昔はこんなんだったし。○○大学受かったし、内定とったし、成功したし・・・。生きるより所であって、現状否定の斜め裏手。こんな社会じゃないはずだ。こんな会社じゃないはず。昔は、社会が夢を持ってたはず。。より所が、明治維新になったり、天下統一の戦国時代になるのも納得。だからその手の本が売れる。

娘を悪く言われると、ブチ切れそうになるのといっしょ。娘を殺された「さまよう刃」の主人公と同様に、犯人を殺しにいく気持ちと一緒だ。気持ちはわかるが、このブログは「より所」の否定の繰り返しで、何かしかの解を求めることを目的としたブログではないので、以下の対策を。

批判コメントを見るとストレスがたまるので、伊良部精神科医曰くストレスの原因を抹消することが必要とのこと。一方で、このまま新橋赤提灯談義を続けたいと思うので、とりあえずコメントは承認制へ。

まあ、正直いうと、バカにされようが、右に左とカテゴライズされようが、「アブナイ人」といわれようが、どうでもいいんですけどね。そんなことより、現実に倒産する企業が相次ぎ、自殺者も近くにいて、雇用されない人がたくさんいて、貧困率が上昇し、おかしな社会になっていくのだけは避けたい。少なくとも、会社、社員、アルバイトスタッフ、そして家族と自分は守り抜く。何があっても。もう限界っていうところまで戦って、政治にも、お金にも、人間にも迷わない、世界に行きますよ。バルハラ?いや、沖縄。
[PR]

by generator_tomo | 2009-10-26 00:36 | 雑談

「さまよう刃」

どこかのブログに紹介されていて、なんか映画館でロードショウとのこと。最後のシーンはかなり泣けるとのことで、映画よりも活字ということで、近くの本屋で買いました。

さまよう刃」。

2ヶ月間ぶっ通しで働いていましたので、小説を読む時間が無く、無性に小説活字欲しくなり、脳内サプリメントでした。読んでいたのは、オヤジくさいといわれるかもしれませんが、文芸春秋。

クライマックスに向けて、登場人物がベクトルをあわせていくのがすごくよくて、臨場感あふれる小説でした。しかし、ラストは、多分映画の方が、良い方向に脚色されているかもしれません。まあそうか。活字で想像しながら、自身の脳内でイメージしているわけで、自分も脚色しているっていえばそうか。

でも、期待したシーンを描けなかった。それよか、物語途中の描写が上手く、ところどころに泣けるシーン、いや活字も。

その他、なるほどと思ったのが、ペンションオーナーがチェスについて言ったコメント。

「一番最初はすべての駒がそろっている。そのままなら平穏無事だが、それは許されない。動き、自分の陣地から出て行かねばならない。動けば動くほど、相手を倒せるかもしれないが、自分も様々なものを失っていく。」

人生ですね。私も、いろんなものを失いました。
[PR]

by generator_tomo | 2009-10-20 23:38 | 雑談

上下左右

颯月1歳5ヶ月。子供の脳の発達は早いもので、教えると何でもできてしまう今日この頃。教えるというよりまねをするというのが、だいぶできるようになりました。

上下の空間的な認識力がいつのまにか、ついていて、左右はまだちょっとわからないようです。「あんよ」「おてて」その他多数のものが、言葉とモノが一致してきているようです。面白いですね。


[PR]

by generator_tomo | 2009-10-18 23:34 | 家族について

保育園の運動会@烏山中学校格技場

颯月、初めての運動会。マイペースで前へ進んでます。



みんなで写真。
e0061109_742558.jpg


その後、寝てしまうも。いつの間にかマイロが隣に。あんまり一緒に寝て欲しくないものですが・・・・。
e0061109_7432758.jpg

[PR]

by generator_tomo | 2009-10-11 07:39 | 楽しい思い出

個人消費回復気味

9月の半ばごろから個人消費が回復基調にある感じです。当然、連休と土日休みが続いたというのもあるかもしれません。

2番底があるようなこともいわれておりますが、2番底になる前に、経済対策をお願いしたいものです。
[PR]

by generator_tomo | 2009-10-05 02:34 | 雑談