「いち事業家のプライベートな記録」

出店リスク高まる

弥生会計への入力、その他会議資料取りまとめ、今終了です。

結構、経費支払においていくつか自分に重複して支払っているものがあったり、逆に、支払っていないものもあったりと、いろいろとミスが見つかりますね。修正後に、税理士の先生にデータを提出します。

今回の処理は6月分でして、ちょうどオープン月。販促物、採用に関する費用、人材教育のための人件費の高騰、メニュー開発等による開発費の大幅計上など、試算表だけ見ると散々。ある程度それらを考慮して、手元で再試算すると、納得のいく数値となります。

数値をみつつ、経営について考えてみますと、アンテナを張り巡らせて、良い情報をすばやくキャッチして、利益を出せる仕事をどんどん取っていく、それが王道なんだなとつくづく感じます。

特に飲食業で一番つらいのが、物件探し。すでに、世の中、御金が回り始めたので、損益の試算をすると、まったくいけてない物件ばかり。でも、他の人は出店するんですよね。完全な売り手市場。殆ど、ふっかけられてます。出店リスクが向上する昨今、当社は逆に慎重になっています。

そういう状況下、どのようなアクションを取るのか、自分でも楽しんでいます。
[PR]

by generator_tomo | 2006-07-28 04:45 | 事業進捗
<< ネットエイジグループ上場承認 経営支援案件 >>