「いち事業家のプライベートな記録」

泣かれたお客様もいらっしゃいました。

本日というのか、昨日ですが、初旬に休んでいた事情を店長がお客様に説明したところ、その場で泣かれたお客様がいらっしゃいました。花束も多数いただいたりと、地域に本当の意味で、根ざしていってたんだなぁとしみじみ感じました。

母マイスターも、「いいお客さんばかりでしょ」なんて、私に自慢していました。

ちゃんぽんそのものも、昔とくらべると徐々にバージョンアップしていて、当初のものとくらべると、多分、まったく違う見た目のちゃんぽんになっていることと思います。

近々、チーズちゃんぽんもリリースできそうで、あとは、九州でいう「てんぷら」を数切れ入れていためると、甘みが増して益々おいしくなりそうです。

しかし、相変わらずですが、人によって味も違うし、炒め時間、煮込み時間、その手順によって微妙に味が変わるのがおもしろいです。また、お皿に盛られてから10秒後、30秒後、1分後も味がどんどん変化して、食べ終わるくらいが、実は一番美味かったりします。

また、テーブルにおいてあるカスター上の調味料も、胡椒、七味、ウスターソース、酢などありますが、組み合わせるといろんな味が楽しめて面白いです。

もっともっとバージョンアップして、日本一美味いと言われるちゃんぽん屋にしていきたいですね。
[PR]

by generator_tomo | 2009-01-24 07:49 | 家族について
<< 2008年を振り返って お客様からお花をいただきました。 >>